• 大阪が誇る文化住宅とは?
  • 文化住宅の魅力
  • 文化住宅が多いエリアは?
  • よい文化住宅の探し方

大阪名物!「文化住宅」に住む

“マンション”“アパート”などの物件名称として関西地方でメジャーなのが『文化住宅』。不動産屋さんの店頭では“文化”と表示されることが多いこのタイプの物件が今、注目されています。文化住宅の多くは瓦葺きの木造モルタルの2階建て。ほとんどが、1960〜1980年ごろに建てられています。スタンダードは風呂無しで、現在は老朽化が進んでおり、多くが空き物件となっています。

こう聞くと、デメリットばかりのように思いますが、実はメリットも多数。まずは、駅に近い物件が多い。関西では各電鉄会社が、宅地造成や駅前の開発に力を入れはじめられた頃に建てられているため、駅に近い物件が多いのです。次に、家賃が安い。周囲のマンションから比べれば1/3〜1/4程の家賃で住めるところもあり、また敷金や保証金も格安な場合がほとんどです。風呂無しを選択すればさらに安くすめる可能性も。こうした物件を安く借りて、自分なりのアレンジやリフォームを楽しむことが若い人たちの新しい居住スタイルとして静かなブームとなっています。

近畿地方以外ではあまり見られない文化住宅について解説

Copyright(C) 2011 - 大阪名物!「文化住宅」に住む - All Rights Reserved.